【誰にでも現れる現象】老眼の予防方法を大特集

目の健康を保つために

目元

目の老化現象と対策

老眼は老化現象の一つで、誰にでも起こり得るものです。目が霞むようになったり、新聞や本などの文字が読みづらくなるなどの症状が現れ、日常生活に影響を及ぼします。このような症状が出てしまう前に、日頃から老眼予防を心がけて過ごしておきましょう。そこで、予防のための方法をいくつかご紹介します。まずはバランスのとれた食事をとることが大切です。体全体の健康を保つことは目の健康にもつながります。特にルテインやアスタキサンチン、ビタミンB1、ビタミンCなどは目に良いとされている栄養素です。これらの栄養素を含む食品を老眼予防のために意識して取り入れましょう。眼球の筋肉を鍛えるトレーニングを行うことも効果が期待できます。老眼は眼球の筋肉が衰えることで起こりますので、この筋肉を鍛えることで老眼の予防や進行を遅らせることができるのです。遠くと近くを交互に眺める、目を開く・閉じるを数回繰り返す、眼球を大きくまわすなどのトレーニング方法があります。特に日頃からパソコンを使用する時間が多い方などは、目が疲れやすくなっています。目を休ませる時間とトレーニングする時間を意識的に設けるようにしましょう。また、紫外線の刺激も老眼の原因の一つとなります。外出の際には目に紫外線が当たらないよう、サングラスや帽子などを着用して対策をしておくと良いでしょう。なお、すでに症状が出ている場合は我慢せずに老眼鏡などを使用することをおすすめします。放っておいて裸眼のまま過ごすとさらに目に負担がかかることになります。肩こり、頭痛、吐き気などの症状が引き起こされることもありますので、早めに対処しましょう。

食べ物にも注意しよう

目元

老眼を予防するためには、毛様体筋を鍛え、食事に気をつける事が大切です。適度な有酸素運動をすることで血行が良くなり、毛様体筋を鍛える事ができます。早食い、大食いを防ぐ事で、老化の原因となるAGEの発生を予防することができます。

もっと見る

症状を進行させないために

レディ

老眼の初期症状は40歳前後より出現する。症状を放置しておくと、眼精疲労や肩こり、頭痛、食欲減退、うつ症状の悪化などが進行していきます。初期の段階から、毛様体筋を鍛えたり、目を酷使するパソコンやスマホの使用時間の調整を行う、アントシアニンが含まれる食品を摂取する事で進行予防を図る事が出来ます。

もっと見る

衰えを防ぐ方法

メガネとコンタクト

唐揚げなどに含まれているAGEは、体の老化を促進させます。野菜などを積極的に摂り、適度な運動を心がけましょう。スマートフォンは目と画面の距離が近いため、長時間使い続けると目の筋力が衰える原因になります。遠くを見る習慣をつけることで、老眼を予防することができます。

もっと見る

To Top