【誰にでも現れる現象】老眼の予防方法を大特集

衰えを防ぐ方法

メガネとコンタクト

なりやすい人の特徴

「年をとってから新聞を読むのが大変になった」と感じる人は多いです。老化の一つとされる老眼ですが、年を重ねてからも裸眼で新聞や本を読む人は沢山います。食事、生活習慣に気をつければ老眼は予防できるのです。では、具体的にどのような予防方法を行えばいいでしょうか。老眼は、なりやすい人となりにくい人がいます。なりやすい人の特徴として「目によくない物を食べている」「目の筋力が衰えている」の二つがあります。目に良くない食べ物とは、終末糖化産物と呼ばれるAGEが含まれた食品の事です。AGEは、ステーキ、唐揚げ、とんかつなどの食品に多く含まれており、老化を促進させると言われています。体内に入ったAGEは完全に排出されることなく、蓄積されていきます。その結果、目や体が老化し、老眼を引き起こしてしまいます。予防する為には野菜や魚を中心に食べるようにしましょう。食後に適度な運動を行う事で、AGEの増加を防ぐ事ができます。食事と一緒に見直す必要があるのが生活習慣です。昔は老眼になりやすい年齢は50代から60代以降と言われていました。しかし、スマートフォンの普及により、今では40代でも老眼になりやすいと言われています。目は水晶体が厚さを変える事でピントを調整します。長時間スマートフォンを使い続けると、目の周りの筋力が弱まり、水晶体の調整能力が衰えます。スマートフォンを使う時はできるだけ画面から目を離し、長時間の使用はさけるようにしてください。また、遠くの景色を見ることで、筋力と水晶体の調整能力を鍛え、老眼を予防することができます。

To Top