【誰にでも現れる現象】老眼の予防方法を大特集

症状を進行させないために

レディ

初期からの対応が大切

老眼の症状は平均45歳前後と言われますが、初期症状は30代後半から40歳前後に現れる事があります。老眼初期の具体的な症状として、近くのものを見る時、ピントが合わないや細かい字を見るときは、遠ざけてみてしまう、明るい場所ではよく見えるが、暗くなると見えづらくなるなどが出現します。その他、目の疲れやかすみ、肩こりや頭痛など、無理に見えないものを見ようとする事による二次的な症状も出てきます。このまま、何もせず初期症状を放置してしまうと、目の疲れが慢性化してしまい、肩こりや頭痛の悪化や、食欲減退、ドライアイなどの症状が強くなる可能性があります。またそれにより、精神的に不安定になったり、うつ症状が出現する可能性が出現してきます。老眼を予防する為には初期の段階もしくはそれ以前から、対策をしていく事が大切です。具体的な方法として、眼のピント調節の機能を担う毛様体筋を鍛える事です。眼球を上下左右にぐるぐる回す方法や瞬きを繰り返すなどで、毛様体筋を鍛えられます。また眼精疲労を予防する為、スマホやパソコン、本、テレビなどを長時間見ないようにすることが重要となります。しかし、どうしても長時間見てしまうという場合は、1時間に1度程度、休憩を挟むようにするとよいでしょう。休憩の際は、暖かいタオルを目にかけたり、遠くを見る、可能なら10分程度目を閉じておくなどをすると、より効果的です。栄養面では、アントシアニンという成分が眼精疲労や老眼予防に効果があるとされています。アントシアニンはブルーベリーやカシスなどに含まれています。サプリメントもあるので、気軽に摂取する事が出来ます。老眼は初期から予防していけば、その進行を遅らせる事が出来るので、積極的な行動が重要です。

To Top